竜、ドルチェ
竜(ドラゴン)
竜(ドラゴン)
 そして日本にも叡智の竜が存在します。竜は神々を、そして創造する火を象徴します。そして竜という動物は存在します。人間に無害であり、両棲、いわゆる水の中でも、陸の上でも生きていられます。また飛ぶこともできます。ですから、人目につかない山奥や海底などにも住んでいます。ですから、竜に勝つとき、すべての力に勝つともいえます。そしてそれに勝つのは、意志の力の剣によって可能です。そして意志プラス常に正しい知識が必要です。

ドルチェ(金剛杵)
ドルチェ(金剛杵)
 そして、ここには密教などでよく使われるドルチェがあります。バジュラともいいます。日本語では金剛杵(こんごうしょ)といいます。これが男性性器と女性性器の結合を象徴するものです。そうすると、ここでは知識と性エネルギー昇華と意志の力が表されています。誰でも性エネルギーは持っています。そして、その知識も今受け取っています。そうすると、この3番目の力である意志、皆さん一人一人の意志の力によって結果が異なります。それによってドラゴン、竜に勝つことができます。

お釈迦さま成道の図
お釈迦さま成道の図
 ここで、仏陀は多くの欲望(エゴ)、誘惑に勝ち、悟りを開いたことを示しています。このように、私たちの多くのエゴが放っておきません。
 そして日本には仏教だけでなく、大変シンボリックな象徴的な神道の儀式が残されています。しかし、ほとんどの人がシンボルのキーを持っていないために、儀式の意味も理解できません。
 たとえば、いくつかの山車(だし)はほとんど子供に引かせます。それが示すところは、子供の純真無垢さが必要であることを意味します。ということは、子供のような純真さがないと、神々のもとに戻れないということです。

[前へ]
[次へ]
[このページのトップへ戻る]
[ホームへ戻る]